丸わかり!IWCのオーバーホール修理

top > IWCとオーバーホールについて > IWCの時計は定期的にオーバーホールするべき

IWCの時計は定期的にオーバーホールするべき

 もしIWCの時計を持っているなら、定期的にオーバーホールして、美しく保つことをお勧めします。
見た目がきれいになるだけではなく、寿命を保つことにもつながるので、実践する価値は大いにあるでしょう。
購入するときにそれなりの金額になることですし、美しくしておけば周りからの印象も良くなるわけですから、オーバーホールすることには非常に大きな意義があります。
ただ、適当な業者にお願いするのではなく、技術力が高いと言うことで有名な業者にお願いするのが妥当です。
基本的に、インターネット上の口コミ情報などを確認すれば、IWCの腕時計のクリーニングをお願いしたことがあると言う人の体験談を確認できるでしょう。
それらをしっかりと見極めて、どこの業者にお願いするのが妥当なのかをチェックするのがまずは最初です。

 業者を見つけ出したら、ホームページを見て、今までの実績や事例などを確認するのが基本となります。
そして、料金表などをチェックできるなら見せてもらいましょう。
こちらの予算内でやってくれる業者かどうかを確認し、もし実践可能なら声をかけておきたいところです。
今の自分の時計がどのような状況なのか見てもらうために、郵送することになります。
ただ、おおむねの見積もり金額はインターネット上でそのまま行ってもらえるので、こちらが所有しているIWCの時計に関して教えておきましょう。
ブランドやグレードによって大きく変わってくることもあります。
隅々まで徹底して行ってもらうことになるので、割と長期間預けることになるということも、覚えておきたいところです。
日常生活に支障がないよう、その間に使う代わりに腕時計を用意しておきましょう。

 ちなみに、オーバーホールをするスパンと言うのは、平均して2、3年ほどだと言われています。
その間にたった1度だけオーバーホールするだけで、平均寿命伸ばし、なおかつ気持ちよく使うことができるわけですから、お金をかける価値はあるはずです。
一見汚れていないように見えても、衝撃を与えてしまったり、ホコリや汗などといった外的要因にさらされて、割と弱っていることもあるでしょう。
その辺に関しては、実際にプロの目に見てもらわなければわからないところもあるはずです。
素人判断をして適当に取り扱い続けるのではなく、定期的に目が確かな業者に見てもらったほうが、IWCの腕時計も必ず長持ちします。
リセールバリューなどにも関わってくるので、いつか手放して新しい時計を購入する資金に回そうとしているならなおのこと、定期的なオーバーホールは欠かさず行いましょう。

次の記事へ

先頭に戻る