丸わかり!IWCのオーバーホール修理

top > IWCとオーバーホールについて > IWCの時計は定期的にオーバーホールしよう

IWCの時計は定期的にオーバーホールしよう

 機械を分解して、隅々まで掃除、メンテナンスを施す行為のことをオーバーホールといいます。
精密な作りになっている腕時計も、定期的にオーバーホールをした方が良いでしょう。
もちろん、世界的に有名なIWCの腕時計にも同じことが言えます。
もし見た目が汚れてきたというのが実感したなら、早い段階で専門業者にお願いするのがお勧めです。
ただ、専門業者がどこになるのかがわからないと言うのであれば、信頼と実績のある業者をまずはピックアップしておきましょう。
口コミ情報サイトなどに目を向けながら、経験したことがあると言う人の体験談に耳を傾け、どこの業者が良いのかを把握します。
いろいろな業者のホームページをピックアップして比較すれば、とりあえずどこの業者がコストパフォーマンスよくやってくれるのか、それだけは見えてくるはずです。

 また、業者によってアフターサービスを行ってくれるかどうかが違ってくるので注意しましょう。
基本的には、オーバーホールが終わった後にも、しっかりとしたメンテナンスを施してくれるような業者がベストです。
例えば、オーバーホールを行ったにもかかわらず、すぐに調子が悪くなってしまったときは、無償でメンテナンスをしてくれるような業者がいます。
かなり便利なので、きちんとそこまで面倒を見てくれる業者を選ぶようにしておきましょう。
金額に関しては業者によってかなり変わりますし、所有している時計の種類によってもかなり変わってきます。
ただ、IWCの腕時計であれば、平均的に考えれば50000円前後です。
また、オーバーホールにかかる期間はおおむね1ヵ月程度なので、そこまで長いものではないでしょう。

 もし1ヵ月間が長いと感じるのであれば、その間生活の利便性を向上させるために、代わりとなる腕時計をもう一つ持っておくことをおすすめします。
オーバーホールの依頼そのものは、3年もしくは4年に一度位で十分です。
ただ、その間に極度に汚れてしまったり、調子が悪くなったりした場合は、早めでも構わないので業者に見てもらうようにしましょう。
IWCの高級腕時計は、世界的に見ても有名です。
所有しているだけで所有欲を満たしてくれる、素晴らしい商品の1つだといえます。
だからこそ、第三者からの印象できるだけ良くするために、オーバーホールを欠かさず行うことには、大きな意味があると言えるでしょう。
見た目を良くするだけではなく、単純に寿命を延ばしてくれるので、それだけでもお金を払って清掃してもらう価値はあります。

次の記事へ

先頭に戻る