丸わかり!IWCのオーバーホール修理

top > IWCとオーバーホールについて > IWCと定期的なオーバーホールに関して

IWCと定期的なオーバーホールに関して

 社会人になると、学生時代とは全てが変わると言われています。
持ち物も大きく変わりますし、良い品物を持つことがステータスになるのではないでしょうか。
車やスーツも重要ですが、ビジネスシーンにおいて欠かせないのが腕時計ではないでしょうか。
腕元をオシャレに見せることが第一印象が良くなりますし、商談の成功に繋がるのではないでしょうか。
日本の腕時計も素晴らしいですが、やはり海外にも素晴らしい腕時計ブランドがたくさんあります。
その中でも頂点に君臨するのが、IWCだと言われています。
デザイン性はもちろんですが、機能性も世界のトップと断言出来る腕時計ではないでしょうか。
大切に使うと50年以上にわたって使うことが出来ますし、子どもや孫に譲り渡せるアイテムと言えるのではないでしょうか。

 そんなIWCですが、長く使い続けるには定期的なオーバーホールが必要になります。
腕時計は身に付けていることで、埃が付着して内部のネジ等が磨耗を起こしてしまいます。
それが故障の原因となりますし、最低でも十年に一度はオーバーホールに出すことが重要です。
車で言えば車検と同じですし、専任の職人がメンテナンスをすることで、新しい息吹が芽生えると言われています。
劣化した部品は新しい部品に取り替えることが出来ますし、出来上がると新品同様になっているはずです。
近年、IWCは女性のユーザーが増えています。
スタイリッシュなデザインが支持されてのことですが、オーバーホールを怠ってしまうと故障をしてしまいます。
せっかくの高級時計が台無しになりますし、オーバーホールの時期には細心の注意を払っておくべきです。

 気になるのが料金ですが、部品の劣化具合によっても異なります。
想定の金額としては、三万~七万円になるのではないでしょうか。
期間としては一ヶ月が目安になっていて、マニュアルに沿って全ての箇所をくまなくチェックしてくれます。
不具合が出てしまっている場合もありますし、点検が終わると完璧な状態で送られて来るはずです。
高級な腕時計に関しては、購入をして身に付けるだけで終わりではありません。
メンテナンスに気を配ってこそ、本物のユーザーと言えるのではないでしょうか。
メーカーは疑問や質問にも丁寧に答えてくれますし、対応も超一流と言える存在です。
欧州には多くの腕時計ブランドがありますが、アフターフォローも含めて間違いなくナンバーワンと言えるのではないでしょうか。
身に付けると、人間として一回り大きくなります。

次の記事へ

先頭に戻る