丸わかり!IWCのオーバーホール修理

top > IWCとオーバーホールについて > オーバーホールをしたいIWCの時計があるなら

オーバーホールをしたいIWCの時計があるなら

 もしそろそろ汚れが目立ってきたと言うなら、IWCの腕時計に関しては、専門の業者にオーバーホールしてもらうことをお勧めします。
オーバーホール作業に慣れているような業者にお願いすると、割とスピーディーに、しかもコストパフォーマンスよくやってくれるでしょう。
ただ、スピーディーといってもある程度限界があります。
機械式のものになれば、一ヶ月ほどは預けなければならなかったりするので気をつけておきたいところです。
その間時計を使うことがもちろんできないので、代わりになる腕時計をつけておいた方が良いでしょう。
かなり大変だと感じる人もいるかもしれませんが、3、4年に1度だけ実践するだけで、寿命を大きく伸ばし、完璧なコンディションを保つことができます。
それなら、やっておいた方が良いと感じるはずです。

 IWCの時計自体が非常に精密なので、素人の判断でクリーニングしようとするのは、あまりにも危険です。
パーツなどをしっかりと分解してクリーニングを施してくれるわけですから、やはりオーバーホールが得意な業者に任せてしまった方が、絶対に良いでしょう。
完璧なコンディションにして返してくれます。
周りからの印象も良くなりますし、さらなる所有欲を満たすきっかけにもなるはずです。
それに、常にベストコンディションにしておけば、リセールバリューの底上げを図ることにもつながります。
腕時計と言うのは基本的に売るときの金額も高いので、IWCの高級腕時計となればなおのこと、定期的なオーバーホールをして価値を保つようにしておいた方が良いでしょう。
新しい時計を購入するときの資金に回すこともできます。

 インターネット上で、オーバーホールをしてくれる業者のホームページを見れば、その業者のサービス内容などをしっかりとチェックできます。
いちどだけクリーニングすれば終わり、といった業者ではなく、しっかりと何かあったときにサポートしてくれるような、アフターメンテナンスをバッチリ行ってくれる業者にしましょう。
そうすれば、お金を払う価値を、さらに大いに感じられます。
大切にしているIWCの腕時計をいつまでも使い続けたいなら、外すことができない選択肢です。
ただパーツを掃除したり、交換したりするだけではなく、防水テストなどもサービスで行ってくれる業者が入るので、非常に頼りになるでしょう。
特定の業者のホームページでは、今までの修理事例などを確認できたりするので、そこから技術力のある業者かどうかを確認することも可能です。

次の記事へ

先頭に戻る