私の会社の勤怠管理システムについて

私の会社の勤怠管理システムについてご紹介させていただきます。私の会社では、各社員の労働時間を把握するために勤怠管理システムが導入されています。まず私の会社では、出社するとパソコンを立ち上げて、会社の勤怠を管理するシステムにアクセスします。アクセスした後には、出勤ボタンをクリックします。出勤ボタンをクリックすると、出社した時刻が記録されます。また会社から帰るときにも同様にパソコンのシステムにアクセスして、今度は退勤のボタンをクリックします。退勤のボタンをクリックすると退社時間がシステムに登録されます。この作業を毎日繰り返すことにより、どの社員がどれくらい働いたかをすべて人事部で管理できるようになっています。あまりに労働時間が長いようですと、部内で打ち合わせを行い、仕事配分について検討するようにします。


勤怠管理は手動ではないほうがいい

勤怠管理はパソコン管理するほうがいいですね。人的手段でもいいですが、それだと間違いもあるし、処理する時間がすごくかかってしまいます。以前働いていたところは、一人の人が一手に引き受けていました。これでは負荷も大きくなってくるので、やめたほうがいいですね。その人が休んでしまったら、お給料が入ってこなくなるという状況だったんです。なので、そういうのが無いように、複数の人間かかかわっても大丈夫なようにしておかないといけないですね。情報が漏れないようにロックは厳重にして、後は分業とかが出来るようにしておくといいと思います。そのほうが効率的だし、一人へのストレスというのも少なくていいですね。出来たらシステムというのは簡単にしておくほうがいいです。複雑だと覚えるのに時間がかかって効率的ではないですね。新人でも出来るくらいがいいです。


勤怠管理を行うにあたり

従業員を要する各企業は、必ず勤怠管理を行う必要があります。大企業であれば総務部(課)、中小企業であれば事務員さんを雇ったりと様々です。では、従業員の勤怠管理を行うにあたり、何がより正確に管理できるのでしょうか。私個人的な意見としては、タイムカード(ICカード)を切る事ではないかと思います。大学生時のアルバイト先であった某小売店でもそれを採用していましたし、現在の勤め先でも採用されています。書類管理ですと、記入時刻を間違えたりと正確性に欠ける部分もあり、やはり機械化を目指して行く現在であれば機械での管理を行うべきと考えます。また機会上管理されていますので、改ざんされることも防ぐことが可能ですし、人数の多い大企業等であれば手間も省けるのではないでしょうか。現在では、ICカードでの勤怠管理を行う企業が増えてきている事は言うまでもありません。

ネクストタイムカードの導入効果は20名の場合約62,400円も経費を削減することができます。 業界最安値1アカウント200円。最低必要アカウント数もないので、一人からでも始められます。 誰もが使いやすい。ということは、導入もスムーズということです。システムで一番大変なのは実は導入にあります。 ネクストTIMEカードはお使いのICカードをタイムカード代わりに使うことができます。 勤怠管理をICカードで便利にするのはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)