丸わかり!IWCのオーバーホール修理

IWCの修理とオーバーホールに注目です

お気に入りのIWCの時計を長期間使い続ける事で、調子が悪くなってしまい、困ってしまう方もいます。安心して使い続ける事ができるように、時計のトラブルに丁寧に対応してくれる業者を見つける事で、修理を任せる事ができます。

また、大切な時計のメンテナンスをきちんと考えていく事も大切な事であり、専門業者に相談しながら、オーバーホールにも注目です。清掃と再組み立てを進めていく事で、新品の状態に近い性能に戻すことが可能なので、定期的に時計のチェックは欠かせません。

IWCの修理とオーバーホールに対応する業者は複数あり、費用の比較を進める事も大事なポイントです。このサイトでは、IWCの修理とオーバーホールの業者探しに役立つ情報を発信しており、それぞれの業者のサービスをわかりやすくまとめているため、比較をする際に情報を役立てる事ができます。

CIEN

とても高級な腕時計であるIWCのオーバーホールは専門的にきちんと対応してくれるCIENを利用するのが良いでしょう。やはり、CIENはオーバーホールのプロですから、細かいところまできちんとチェックしてくれるので助かります。

できるだけ細かくオーバーホールを行ってくれるので、こちらの専門店に任せておけば、時計はかなり長持ちするでしょう。修理だけでなく相談することも可能です。とても頼りになる存在で、高級腕時計のオーバーホールならこの専門店に任せて安心です。

気になる費用については、当然高級腕時計のオーバーホールなので、一般的な腕時計の修理に比べるとお金はかかります。しかし、費用対効果で考えた場合には安いと言えます。

宝石広場

価値の高いIWCの腕時計をオーバーホールしてもらうなら、開業から20年以上の実績がある宝石広場がピッタリです。さまざまな時計を年間で6000本以上取り扱っているため、IWCだとしても安心して任せられます。

宝石広場にオーバーホールを頼む前には、ブランド名をしっかりと伝えた上で作業に関する質問をすることが可能です。ウェブサイトを利用すれば、文章だけではなく写真も送れるため、より詳しい情報を伝えての相談がおこなえます。

オーバーホールをおこなうか迷っていうのなら、宝石広場のサイトにあるチェックシートが役に立ちます。そこにはオーバーホールをしたほうがよいケースが載っているため、仕事を依頼するタイミングを把握できるでしょう。

ウォッチ・ホスピタル

ウォッチ・ホスピタルは実店舗を持つサービス会社ですが、遠方に住む方に向けて集荷でのオーバーホールもおこなっています。そのため、オーバーホールを頼もうと連絡をすれば、配送業者が自宅までIWCの腕時計を取りにきてくれます。

ウォッチ・ホスピタルは、オーバーホールの料金をメーカーよりも最大で60パーセントの割引してくれます。メーカーのオーバーホールが高くて、余り利用できなかった方でも、頻繁に分解と修理を頼めるようになるでしょう。

ウォッチ・ホスピタルはIWCの腕時計の内部をきちんと見た上で、詳細な見積もりをだしてくれます。もしも、その金額に納得できなかったら、キャンセルできるため、気軽に費用を確かめられるでしょう。

ドクターウォッチ

ドクターウォッチはサイト上にメールフォームを設置しているため、簡単にIWCの腕時計のオーバーホールを頼むことができます。数分で入力できるため、電話などで手続きする暇がない方は便利に依頼ができるでしょう。

オーバーホールが終わった後に、一年の間なら、何か問題があればドクターウォッチが対処してくれます。それなりの費用がかかるのがオーバーホールなので、短期間で動かなくなってしまったときの保証があると安心です。

ドクターウォッチはオーバーホールだけではなく、ベルトの修理も頼めます。物理的な破損も汚れも綺麗にしてくれるため、くたびれた高級時計をしっかりと蘇らせてくれるでしょう。

時計修理工房 なんぼや

IWCのオーバーホールなら時計修理工房 なんぼやがお勧めです。インターネット上に公式サイトがアップされていて、サイトを通じて仕事を依頼することができます。日本中どちらにお住まいの方でも同じサービスを受けることができます。

海外ブランドの高級時計のオーバーホールや修理と言えば、高額な費用がかかるイメージをお持ちの方が多いです。しかし時計修理工房 なんぼやであれば低価格でサービス提供を実現。お手持ちの時計で不調を感じた際にはお気軽に仕事を依頼することができます。

価格面に関しては公式サイトに具体的に掲載されています。仕事を依頼してから価格を出されるのではなく、事前に全額の見積もりを出してもらえていますので安心して仕事を依頼することが可能な業者であるということです。

株式会社プリズム

株式会社プリズムは発送でのオーバーホールを受け付けているため、近くにIWCの時計を見てくれる時計屋がない方でも安心です。精密機器用梱包ボックスセットを無料でもらえるため、安全に時計を発送することができます。

IWCの時計を実際にオーバーホールしたときに事例を、株式会社プリズムのサイトで見ることができます。パッキン交換やゼンマイ交換などにかかった費用も掲載されているため、オーバーホール料金の予測ができるでしょう。

IWCだけではなく、ほかの高級時計のオーバーホールにも株式会社プリズムは対応しています。そのリストがサイトに載っているため、オーバーホールをしばらくやっていない時計があるのなら頼みましょう。

オーバーホールを施せばIWCの腕時計は長持ちする

腕時計は、精密機械なので、定期的に分解してオーバーホールしなければ、寿命が縮んでしまいます。見た目はきれいに見えても、内部に細かい汚れが侵入したり、紫外線や油汚れ等といった外的要因にさらされて、それらが寿命を縮める原因になるはずです。それをしっかりと理解している人は、定期的にオーバーホールに出しているでしょう。特にIWCの高級腕時計のような精密な腕時計の場合はなおのこと、最低でも3年に1度はオーバーホールに出しておいた方が無難です。たったそれだけの手間で、1つの高級腕時計の寿命を限界まで伸ばすことができるわけですから、やる価値は大いにあります。値段も1度あたりに数万円程度で済むので、決して高額な金額とは言えないでしょう。少しでも気になる部分があるなら、すぐにでも業者に見せておきたいところです。

ただ、一度オーバーホール作業をお願いすると、帰ってくるまで時間がかかるので注意しましょう。平均して約1ヵ月ほど預けることになるので、その間は別の腕時計でしのぐことになります。とは言え、3年から4年に1度の作業ですから、特に面倒だとは感じないはずです。それに、良心的な業者であれば、一度オーバーホールを完成させると、その後のメンテナンス作業もしっかりと行ってくれるでしょう。せっかくお金を払って業者にお願いするなら、作業が終わった後のフォローもきっちりと行ってもらうようにしておきたいところです。最近のオーバーホール専門業者は非常に優秀で、清掃が終わった後の保証などもつけてくれます。だからこそ、安心して任せることができるでしょう。見た目が美しくなれば、腕時計の所有欲も復活し、幸せな気持ちになれます。

今までオーバーホールをお願いしたことがないという人は、どこの業者にお願いすれば良いのか皆目見当もつかないはずです。そんな時は、実際にIWCの腕時計のクリーニングや、メンテナンスをお願いしたことがあると言う人の体験談に目を向けてみましょう。そうしているうちに、インターネット上から信頼と実績のある業者の名前が、だんだんと見えてくるようになります。次に業者のホームページをチェックすると、特徴などを把握することが可能です。オーバーホールにどれだけのお金と時間がかかるのか、どのようなメンテナンス実績があるのかがわかるでしょう。いろいろな業者を比較してから総合的に判断し、その上でオーバーホールの依頼をしても遅くないです。業者選びで全てが決まるので、慎重にチョイスすることをお勧めします。

先頭に戻る